訪れたいスポットカテゴリの記事一覧

バンコクの7地区と主な名所

政情不安があっても、アジアの近場で物価も安いこともあって、タイを訪れる日本人旅行客は後を絶ちません。

中でも、最大の都市バンコクの人気は日本人の旅行先として常に5本の指に入る人気旅行先となっています。

タイの全人口の約10%が集まる首都バンコクの魅力は、ほとばしる活気にあると言われています。カオスのなかの賑わいと人情の豊かさに、旅行客は魅了されています

バンコク全体を大きく7つの地区に分け、各地区の目玉観光地を整理してみましょう。旅行計画は、時間に余裕を持たせると、ゆっくりとそれぞれの観光地を楽しむことが出来るでしょう。

1.トンブリー地区
  ★ワット・アルン(暁の寺)
2.ラタナコーシン島(王宮周辺)
  ★王宮
  ★ワット・プラケオ(エメラルド寺院)
  ★ワット・ポー
  ★バンコク国立博物館
  ★バンランプー・マーケット
3.ホアランポーン駅とチャイナ・タウン周辺
  ★チャイナ・タウン(ヤワラー)
4.スリウォン通りとシーロム通り周辺
  ★G.P.O.(中央郵便局)
  ★国際電話局
  ★シーロム通り
  ★バッポン通り
  ★タニヤ通り
  ★スリウォン通り
5.サヤーム・スクエア周辺
  ★サヤーム・スクエア
  ★イム・トンプソンの家
6.ラチャダムリ通りとプルンチット通り周辺
  ★ラーマ6世像
  ★ルンビニー公園
  ★プラ・ブーム
  ★プラ・ブーナーム市場
7.東北バスターミナル周辺
  ★ウィークエンド・マーケット

タイ・バンコクへのお出かけは、楽天トラベルで。。。



タイの情報は、こちらでも探せます。
  ▼  ▼  ▼

にほんブログ村

バンコクの市場

タイのバンコクに旅行して、絶対に外せないのが、市場ですよね。

バンコクでも特に有名なのは、ラチャダムリ通りを北進し、ペップリー通りを越えたところ、交差点の北にある、プラトゥーナム市場です。ワールドトレードセンターからは、徒歩10分くらいのところですね。驚くほどの数の露天商と人ごみに圧倒されます。

通りを挟んで商店や雑居ビルが立ちならんでいますが、その前の歩道にも所狭しと露店が並んでいます。プラトゥーナム市場は、まさに、バンコク随一の名物市場です。歩道橋の上から見てください。露店のテントの屋根が延々と続いているのは壮観です。

プラトゥーナム市場では、あらゆる商品が販売されています。衣料品、日用雑貨から食料品にいたるまであらゆるものです。地元住民の買い物客が多いのも特徴です。実は、観光スポットである前に、地元の人たちの生活の場なのです。開いている時間帯は、10:00〜17:00までですから、夜間は閉まっています。

有名なチャイナタウンは、地域全体が市場そのものになっていますが、チャイナタウン地域のなかのパフラート市場ナコーン・カセム市場も見所です。

夕食を食べに、ちょいと出かけてみると面白いのが、シーロム通りでしょう。夜間には、食べ物屋台や雑貨屋台が繰り出して、ちょっとした市場と化します。ブランドの怪しいコピー商品などもたくさん売られています。

バンコクは大小さまざまな市場をどこでもみかけます。週末には、チャトゥチャック公園で開かれる週末マーケットにもよってみてはどうでしょう。バンコク最大の週末マーケットです。市場が、迷路のように入り組んでいます。週末マーケットでは、タランチュラやサソリなどのペット売り場が有名ですね。帰国してからの話のネタに欠かせないスポットかもしれませんね。

セールやキャンペーン実施中!海外お土産、輸入食品、国内産直品が盛り沢山


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。