空港でのトラブル対応

多くの人が行き交う空港ではトラブルがつきものです。あなたがバンコクに到着したそのとき、バンコクスワンエプーム国際空港では、恐らくさまざまなトラブルが発生していることでしょう。

これは、経験不足によるものが多いので、あらかじめ知識を得ておくと、その多くは防げるものなのです。

1.タイへの持ち込み制限で罰金
タイへの持ち込み制限は以下の通りです。

●酒類・・・1リットルまで。
●タバコ・・・紙巻200本まで。そのほかは250gまで。
●そのほか・・・スチールカメラ、ムービーカメラは各1台までです。フィルムはスチール用5本、ムービー用は3本までです。

このように、酒類やタバコの持ち込みには量に制限があり、違反者には高額の罰金が科せられます。

税関でわざと目をつぶって通過させ、外に出てから逮捕するという酷い例もあります。中には、トイレの前で知人の荷物をもっていたら、知人のタバコもいっしょにカウントされ、罰金対象となったというケースも聞かれます。隙のないように、持ち込み制限は、厳格に守るようにしましょう。

2.自分の荷物が出てこない
航空会社カウンターで「荷物引換証」を提示し、事情を伝えます。その場で解決しない場合は、後日、滞在ホテルに届けてもらうか、直接引き取りに行きます。

3.スーツケースの破損
航空会社カウンターで破損の証明書をもらっておくことが大切です。証明書があれば、後日、修理にかかった費用を航空会社に請求する際の証拠となります。

その他、集合時間に間に合わない、現地係員が来ていない、というようなこともあります。現地での連絡先を、緊急連絡時のものも含めて、控えておくことが大切ですね。あわてず、電話連絡して、指示を待つようにします。

タイ観光旅行での服装

タイの気候は蒸し暑いだろう、と言う程度の予想は付きますが、特有の気候とは別に、タイ全般、特にバンコクでの観光に際して注意したい服装のポイントを整理しましょう。

◆寺院内
仏教施設内での肌の露出はいけません。特に女性のミニスカート、ホットパンツ、キャミソールやノースリーブは厳禁です。寺院を観光する際には、寺院への入場の際に服装のチェックが必要な場合もあります。基本的には、長袖と長ズボン着用が当たり前と思っておいてください。サンダルも素足の肌を露出することになるので避けましょう。各寺院や施設によって、肌の露出の規準が若干異なることもありますが、基本的には、このように考えておくのが無難です。

◆冷房対策
1年中が夏のようなタイ・バンコクですが、ツアーで利用するバス内、ホテル、レストラン内では、冷房が効きすぎている場合が多いです。体が冷えすぎたり、外気との温度差で体調を崩したりすることもあります。
夏の気候ですが、1〜3月、11〜12月は、朝晩が冷えることもありますので、薄手の上着を用意しておくとよいでしょう。遺跡のライトアップなどを見学される方もいらっしゃるでしょうが、日中と異なり、日没後に冷え込むこともあるので、上着などの用意を忘れないようにしてください。

◆高級レストランでの服装
タイのホテルやレストラン、バンコク市内のディスコなどでは、サンダル履きでの入店を禁止しているところもあります。ホテルやレストランで夕食をとる場合は、軽いラフな格好は控えて、できるだけ靴を履いて出掛けるようにしましょう。

◆ビーチリゾート
タイのビーチリゾートやホテルのプールなどで、水着姿のままでホテル内をブラブラしたり、レストランに入ることは控えましょう。入店を断られることがあります。

タイが信心深い仏教国であることをいつも念頭に置き、節度のある服装で過ごすように心がけましょう。

バンコクで注意したい風習

タイバンコクだけの話ではありませんが、外国に行ったら、その国の法律、習慣、マナー等を尊重しなければなりません。「郷に入れば郷に従え」ということです。

特に、バンコクでは、国王の写真や国旗に対して敬意をもって接することが大事です。また、仏教への信心の篤い国ですから、僧侶に対しても同様に敬意を示さなければいけません。

観光客だからといって、バンコクでは僧侶にむやみにカメラを向けることは不謹慎です。また女性から話かけたりすることも絶対にいけません。お布施をする場合にも、僧侶が直接現金に触れなくてもいいようにする配慮が必要です。

バンコクでは、公共の施設での喫煙は法律で禁じられています。違反者には高額の罰金が科されますので注意しましょう。

入安居など、仏教上、アルコール類の販売が禁止されている日がありますので注意が必要です。入安居(タイ語でカオパンサー)はタイの仏教行事で「陰暦8月の十六夜の日」のことです。この日から出安居の日までの約3カ月の間、一般国民は、アルコールを慎む習慣があります。その最初の入安居の日は、アルコールを販売することが禁じられているのです。では、3ヶ月間アルコールを飲まないのかと言うと、僧侶の修行期間中なので、一般の在家信者もできるだけ飲まないようにしましょう、といった割と緩い戒律のようです。

タイの祝祭日は、年によって変動する場合があります。祝祭日が土日と重なった場合は、翌日が振り替え休日となります。日本も最近そうなりましたが。

チップは、露骨に要求されることはありませんが、相手はチップを当然のように期待していることが多いのが現実です。

一応の目安ですが、マッサージを受けたら、2時間程度で100バーツ程度のチップが穏当です。マッサージの後にお茶を持ってくるのが普通なので、その時に渡すと良いかもしれません。

タクシーでは、メーターの端数を切り上げてチップとするのがスマートな方法です。レストランでは、サービス料としてあらかじめ10パーセントがチャージされている場合が多いですが、そうでない場合は、人数に応じてチップを払います。総額20〜50バーツほど置いておけば十分です。食堂や屋台では、チップは不要です。ホテルでは、ポーターに20〜50バーツ程度でいいでしょう。ルームサービスの女性用に、枕の下にチップを置くことが多いことから、チップを「枕銭」と呼んだりします。

チップは、タイに限らず、外国では一般的な習慣ですので、最初は、面倒臭いですが、感謝の気持ちで渡すようにすると、意外と気分のいいものです。


タグ:バンコク

バンコクでのホテル滞在

bankok.jpg日本から6時間ほどの飛行機の旅でタイバンコクの国際空港に到着します。さて、空港からタイのホテルに到着したら、まず次の点を確認してから、自由時間を満喫しましょう。

1.ルームキーの確認
 部屋に入ったらカギが閉まるかどうかを中から確認しておくことが大切です。最近多くなったカードキーですが、設定情報が使えなくなっていることもまれにあります。その場合は、フロントで再発行してもらって下さい。

2.お湯と電気の確認
 お風呂のお湯が出るかどうか、室内の電気がつくかどうかを確認します。どこか壊れている場合は、フロントに伝え、部屋を変えてもらうか対応してもらいます。

3.セイフティボックス(金庫)
 貴重品は、ホテルの部屋やフロントの金庫に預けるのが無難です。バンコクのホテルでは、金庫に関するトラブルが頻発しているようです。フロントに預けた場合は、戻してもらったときに、その場で預けたものが全部そろっているかを確認する必要があります。
また、部屋に備え付けの金庫の場合は、推測されやすい暗証番号に設定しないことが大切です。生年月日や部屋番号などは避けましょう。

4.エアコン
 タイバンコクでは、ホテルの空調は概して強めです。ホテルによっては各部屋で自由に調節ができないシステムになっていることもあります。服装で調節できるよう、上着をもっていきましょう。部屋が過度に乾燥する場合は、バスタブにお湯をはるのがいいでしょう。

5.タオルの交換、アメニティグッズ
 タオルは使用済みのものはバスタブに放り込んでおきます(きちんとたたんでおくと「交換不要」とみなされてしまうことがあるので注意です)。
 冷蔵庫の中はもちろんのこと、テーブルに置いてあるコーヒーなども有料のことがありますので注意しましょう

海外に限りませんが、ホテルはあくまで公共の場所です。自分の部屋を出たら、寝巻きやスリッパで通路やロビーをふらふらすることはマナー違反となります。日本の温泉旅館の感覚で出歩かないようにしましょう。

セールやキャンペーン実施中!海外お土産、輸入食品、国内産直品が盛り沢山


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。