バンコクの概観とホテル事情

タイの首都バンコクには総人口の約10パーセントが集中しています。首都バンコクの魅力は、そのほとばしる活気にあり、喧騒と混乱、そのカオスに旅人は魅了されるのです。観光客の多くは、地図を片手に迷路のような細い路地をさ迷い歩くことになります。

バンコクを歩く際には、とにかく時間に余裕をもって計画を立てることが大切です。バンコク全体を7つの地区にわけ、それぞれの見所をピックアップしてみましょう。

1.トンブリー地区
  ●ワット・アルン(暁の寺)

2.ラタナコーシン島(王宮周辺)
  ●王宮
  ●ワット・プラケオ(エメラルド寺院)
  ●ワット・ポー
   ・バンコク国立博物館
   ・バンランプー・マーケット

3.ホアランポーン駅とチャイナ・タウン周辺
  ●チャイナ・タウン(ヤワラー)

4.スリウォン通りとシーロム通り周辺
  ・シーロム通り
  ・バッポン通り
  ・タニヤ通り
  ・スリウォン通り
  ・G.P.O.(中央郵便局)
  ・国際電話局

5.サヤーム・スクエア周辺
  ●イム・トンプソンの家
  ●サヤーム・スクエア

6.ラチャダムリ通りとプルンチット通り周辺
  ●ラーマ6世像
  ●ルンビニー公園
  ●プラ・ブーム
  ●プラ・ブーナーム市場

7.東北バスターミナル周辺
  ●ウィークエンド・マーケット


バンコクのホテル事情

タイバンコクには、バックパッカー用の安宿から、ツアー客向けの中〜上級ホテル、さらにVIP向け超高級ホテルまでがそろっています。したがって、旅行者は自分の旅の目的と予算に応じた旅ができるわけです。

バンコクは、各地区にその地区ならではの個性や魅力があります。ご自身の肌にあった土地に宿を求めてみるのも旅の楽しみかもしれません。

◆カオサン・ロード〜ワット・チャナ・ソンクラーム周辺
  チャオプラヤー川の西側、王宮やワット・ポーといった観光スポットにも近い便利な地区です。格安のバックパッカー向けの宿が集中しています。ただ、治安が悪いので要注意です。

◆マレーシア・ホテル周辺
  ホアランボーン駅からラーマW世ロードを東へ進み、ソイ・ガームデュープリという路地へ入る一帯です。かつて安宿の代名詞だった「マレーシア・ホテル」の周辺です。

◆チャイナ・タウン周辺
  ホアランポーン駅から歩いていけることから、利便性が高いというだけでなく、チャイナ・タウンの魅力が、特に日本人バックパッカーには人気です。

◆国立競技場〜ジム・トンプソンの家周辺
  日本からのツアー客がよく利用する中級ホテルや手ごろなゲスト・ハウスが集まっています。近くには「東急デパート」や「そごう」といったデパートがあります。

◆チャオプラヤー川〜シーロム・ロード、スリウォン・ロード、シー・プラヤ・ロード周辺
  「超」がつく高級ホテルが集中しているエリアです。

セールやキャンペーン実施中!海外お土産、輸入食品、国内産直品が盛り沢山


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。