タイ観光旅行での服装

タイの気候は蒸し暑いだろう、と言う程度の予想は付きますが、特有の気候とは別に、タイ全般、特にバンコクでの観光に際して注意したい服装のポイントを整理しましょう。

◆寺院内
仏教施設内での肌の露出はいけません。特に女性のミニスカート、ホットパンツ、キャミソールやノースリーブは厳禁です。寺院を観光する際には、寺院への入場の際に服装のチェックが必要な場合もあります。基本的には、長袖と長ズボン着用が当たり前と思っておいてください。サンダルも素足の肌を露出することになるので避けましょう。各寺院や施設によって、肌の露出の規準が若干異なることもありますが、基本的には、このように考えておくのが無難です。

◆冷房対策
1年中が夏のようなタイ・バンコクですが、ツアーで利用するバス内、ホテル、レストラン内では、冷房が効きすぎている場合が多いです。体が冷えすぎたり、外気との温度差で体調を崩したりすることもあります。
夏の気候ですが、1〜3月、11〜12月は、朝晩が冷えることもありますので、薄手の上着を用意しておくとよいでしょう。遺跡のライトアップなどを見学される方もいらっしゃるでしょうが、日中と異なり、日没後に冷え込むこともあるので、上着などの用意を忘れないようにしてください。

◆高級レストランでの服装
タイのホテルやレストラン、バンコク市内のディスコなどでは、サンダル履きでの入店を禁止しているところもあります。ホテルやレストランで夕食をとる場合は、軽いラフな格好は控えて、できるだけ靴を履いて出掛けるようにしましょう。

◆ビーチリゾート
タイのビーチリゾートやホテルのプールなどで、水着姿のままでホテル内をブラブラしたり、レストランに入ることは控えましょう。入店を断られることがあります。

タイが信心深い仏教国であることをいつも念頭に置き、節度のある服装で過ごすように心がけましょう。

セールやキャンペーン実施中!海外お土産、輸入食品、国内産直品が盛り沢山


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。