空港でのトラブル対応

多くの人が行き交う空港ではトラブルがつきものです。あなたがバンコクに到着したそのとき、バンコクスワンエプーム国際空港では、恐らくさまざまなトラブルが発生していることでしょう。

これは、経験不足によるものが多いので、あらかじめ知識を得ておくと、その多くは防げるものなのです。

1.タイへの持ち込み制限で罰金
タイへの持ち込み制限は以下の通りです。

●酒類・・・1リットルまで。
●タバコ・・・紙巻200本まで。そのほかは250gまで。
●そのほか・・・スチールカメラ、ムービーカメラは各1台までです。フィルムはスチール用5本、ムービー用は3本までです。

このように、酒類やタバコの持ち込みには量に制限があり、違反者には高額の罰金が科せられます。

税関でわざと目をつぶって通過させ、外に出てから逮捕するという酷い例もあります。中には、トイレの前で知人の荷物をもっていたら、知人のタバコもいっしょにカウントされ、罰金対象となったというケースも聞かれます。隙のないように、持ち込み制限は、厳格に守るようにしましょう。

2.自分の荷物が出てこない
航空会社カウンターで「荷物引換証」を提示し、事情を伝えます。その場で解決しない場合は、後日、滞在ホテルに届けてもらうか、直接引き取りに行きます。

3.スーツケースの破損
航空会社カウンターで破損の証明書をもらっておくことが大切です。証明書があれば、後日、修理にかかった費用を航空会社に請求する際の証拠となります。

その他、集合時間に間に合わない、現地係員が来ていない、というようなこともあります。現地での連絡先を、緊急連絡時のものも含めて、控えておくことが大切ですね。あわてず、電話連絡して、指示を待つようにします。

セールやキャンペーン実施中!海外お土産、輸入食品、国内産直品が盛り沢山


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。